トレーナーの今

第6回活動報告 セロトニン活性療法(第2期生 滝本裕之)

セロトニン脳波測定で整体手法によるセロトニンの増加を検証する研究を続け、セロトニン活性療法を考案したセロトニントレーナー2期生の滝本裕之さんの活動の紹介です。

https://www.hiro-chiro-seitai.com/(ひろカイロ整体院)

https://www.serotonin-kyoukai.com/(セロトニン活性療法協会)

06TakimotoHiroyuki

トレーナーの今

第5回活動報告 セロトニンドラムサークル(第13期 牟田昌広)

2015年にセロトニントレーナーに認定され、その3ヶ月後に「セロトニンドラムサークル」をスタート、年間120回のペースで全国各地でワークショップを開催している牟田昌広さんの活動をご紹介します。

詳しくは serotonin.mutamasahiro.com をご覧ください。

05MutaMasahiro

 

媒体情報

講談社『おとなの週刊現代 完全保存版』幸福寿命が延びる1日の過ごし方

10月12日に講談社より、『おとなの週刊現代 完全保存版』が発売され、『「幸福寿命」が延びる一日24時間の過ごし方』を有田先生が解説しています。
この記事は今年6月にも掲載されました。今回も8ページに渡り、幸せホルモンのセロトニンや愛情ホルモンのオキシトシンを分泌しやすい一日の過ごし方を解説しています。

媒体情報

世界文化社『家庭画報』11月号<治る力>連載最終回

世界文化社「家庭画報」11月号
<こころとからだといのちの医学ー治る力>のコーナーで有田先生のインタビュー3回目が掲載されました。

1回目と2回目では主にセロトニンとオキシトシンの働きについて解説していましたが、最終回の今回はそれらを活性化するための具体的な方法を述べています。

この記事を読んだという方からのお問い合わせもあり、関心を持つ方が多いということをあらためて感じています。

媒体情報

世界文化社『家庭画報』10月号「治る力」

世界文化社『家庭画報』10月号
<こころとからだといのちの医学>のコーナーで
有田先生による脳内ホルモンの話「治る力」が掲載されています。
この「治る力」9月号から3回にわたり連載されており、今回は第2回目です。
幸せホルモンのセロトニンとオキシトシンが心身に及ぼす効果について有田先生が解説しています。