媒体情報

世界文化社『家庭画報』11月号<治る力>連載最終回

世界文化社「家庭画報」11月号
<こころとからだといのちの医学ー治る力>のコーナーで有田先生のインタビュー3回目が掲載されました。

1回目と2回目では主にセロトニンとオキシトシンの働きについて解説していましたが、最終回の今回はそれらを活性化するための具体的な方法を述べています。

この記事を読んだという方からのお問い合わせもあり、関心を持つ方が多いということをあらためて感じています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中