媒体情報

『SUUMO関西版』で「疲れがとれる家の作り方」を解説

新築マンション等の情報紙「SUUMO関西版」(7月10日号)の
特集記事『疲れがとれる家の作り方』
で住まいの環境を整えることが「脳内セロトニン」を活性させ、ストレスや疲れをとるカギを握っていると有田先生が解説しています。
家の外で感じた緊張を和らげてくれる玄関、家族団らんの癒やしの空間であるリビング、自然のリズムに合わせたよい睡眠を導く寝室など、ちょっとした住まいの工夫で幸せホルモン「セロトニン」が活性化しゆったり過ごせる家ができあがるという、これから家を探す人にぜひ参考にしていただきたい情報です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中